BelaとY子さん 涙のダイエット記録 更新 99.3.6

 

緒言

先進国に特有の現代病、それは 肥満。人類を始め、大半の生物は粗食に耐える方向に進化したため、飽食の現代生活には対応しきれない。増加した体重を適正に戻すには、多大な労力を必要とする。これは、BelaとY子さんが体験した、汗と涙のダイエットの記録である。

Belaのダイエット

1.野菜サラダダイエット
Belaが大学生の時、米の飯を一切止めて、生野菜に塩をかけて食うダイエット。3ケ月で5kg痩せたが、野菜が高くつくと親に文句を言われて断念。
効果 苦労は少なく効果まずまず。健康にもいい。但し高くつく。
教訓 苦労、手間、費用の全てが上手く行くものはない。

 

2.ジョギングダイエット
同じく大学生の時、夜、ジョギングで2km走るダイエット。3日でくじけた為効果なし。
効果 続ければ効果はあっただろう。
教訓 初めから実現不可能な計画はやめよう。

 

3.配置転換ダイエット
職場が2階から3階に移り、階段の上り下りが増えて1年で4kg減。その後、エレベータ付きの建物に移り、逆戻り。
効果 効果はあるだろうが、運を天に任せる必要あり。。
教訓 他力本願は止めよう。

 

4.妊婦料理ダイエット
数年前、体を壊した時に医者から痩せろと言われ、Y子さんの協力で、妊婦さんの料理を食べる。妊婦さん料理は、男性用としては量が少なく、高蛋白低カロリーを基調としており、理想のダイエット食である。1ヶ月で10kg、3ヶ月で15kgと極めて効果大であった。しかし、止めると徐々に元に戻った。
効果 費用もかからず、効果は絶大だが、強い意志、家族の協力必要。
教訓 最も効果大。継続することが必要。

 

5.バドミントンダイエット
減量と体力増進のため、バドミントンを始める。しかし、バドミントンは無酸素運動であり、脂肪燃焼効果は小さい。むしろ、食欲増進、およびビール摂取量が増加し逆効果。
効果 体重減少効果は少ないが、健康になる。精神衛生にも良く、友達も増える。
教訓 体重は減らないが、筋肉はつく。

 

6.灼熱地獄ダイエット
この夏、連日38℃を超える暑い部屋で仕事をした。しかし、足の骨にひびが入り、1ヶ月間びっこを引いていた為、運動量が減ったこと、休憩時間のジュース、業務後のビールが増えた為、逆効果であった。
効果 単に汗をかくだけでは全く効果なし。すぐ戻る。サウナも同じ。
教訓 食事制限も運動もせず痩せるはずがない。

 

Y子さんのダイエット

 

1.ラジオ体操ダイエット
夏休みに早起きして、町内を一周したあと、小学生と一緒にラジオ体操。健康にはなったが、効果はなかった。
効果 規則正しい生活で健康になるが、食欲増進のため効果少ない。夜はぐっすり眠れる。
教訓 近所の小学生と仲良くなれる。

 

2.寒天ゼリーダイエット
寒天と人工甘味料でゼリーを作り、ご飯の替わりに食べる。Belaも食べたが、寒天とゼラチンは別もの。人工甘味料もまずい。3日で挫折。
効果 続ければ効果あるだろうが、あれを食べ続けるのは困難。
教訓 美味しいものをいっぱい食べて痩せるはずがない。

 

3.杜仲茶ダイエット
ある雑誌の広告で、杜仲茶を飲めば痩せると記載されていたので、問い合わせると、「一般の杜仲茶では効果ありません。当社が販売する特製の杜仲茶で効果抜群」と、法外な値段の杜仲茶を売りつけられそうになる。
効果 試してないが、痩せるかどうか疑問。
教訓 怪しげなダイエット食品には注意!!世の中そんなに甘くない。

考察

今の世の中、「簡単に痩せる」「私はこれで20kg痩せた」といった情報が氾濫しているが、要は収入と支出のバランスである。摂取カロリーより消費カロリーが上回れば痩せる、それだけである。「美味しいものをいっぱい食べて、ろくに運動せず痩せる」などというのは夢物語。ダイエットに王道なし。食事制限と運動、これだけである。
但し、経験則として次の法則を見出した。

法則1

5kg痩せるのに必要な労力は、5kg太る労力の10倍必要である

法則2

ダイエットでX kg痩せると、リバウンドでX+2 kgまで戻る

結論

食事制限、運動。継続するにはどちらも鉄のごとき強い意志が必要である。そんなの無理だから、あきらめて寝よう。おやすみなさい

inserted by FC2 system