作品No.2 サンダーボルトU (タミヤ 1/72) 

製作年月 1999年5月 製作期間2日+α

ギャラリー

機首方向 斜め上方向 上から 


サンダーボルトUについて

米軍の地上支援用の戦闘機です。背中についてる、双発のターボジェットエンジンが特徴的ですね。湾岸戦争の時に随分活躍したそうです。

製作の動機

息子が戦車が欲しい、という言葉を振り切って購入。戦車って難しそうで・・・背中のエンジンも変わっててカッコ良かったです。

製作記録

第2作は、飛行機!しかも無謀にも迷彩模様。パーツを見た瞬間、爪切りでは無理だ!と直感し、ニッパーとピンセット、ヤスリ等がセットになった物を追加購入。

基本的に組み立て前に塗装しました。基本をアクリルのディープグリーンで塗装し、組み立て後、筆で、ダークシーグレイで迷彩塗装に挑戦。(出来るだけ迷彩が目立たないように、との判断です)。塗装半日、組み立て1日です。

予想通り、筆塗りの迷彩はひどい物になってしまいました。おまけにデカールの貼り方が良く判らなくて、長い事水につけたもんで、デカールがちぎれまくってボロボロになってしまいました。その上、ゴジラ1号、2号の攻撃を受けて、キャノピーの前半分が破壊されてしまいました(笑)

後日、エアブラシ購入後、迷彩の練習用に再塗装してます。装備品類を全部外し、ディープグリーンで全面塗装、薄めたデザートイエローで迷彩してます。どうです?初めての迷彩にしては、まあまあでしょう?安物のエアブラシ&私の技術ではこれが精一杯。

部品を再度取り付け、デカールを貼った後、アクリルトップコート(半光沢)を吹きつけてあります。デカールは、シーハリアーの余りを使用しました。米軍機がイギリス軍になっちゃった。ははは。気にしない、気にしない。

迷彩は、もっと練習しなくちゃ。

反省点

筆でボカシ迷彩なんて、初心者には無謀でした。製作も、もっと丁寧にしなくちゃいけませんね。でも、エアブラシの威力を思い知った一作でした。エアブラシって、便利ですね。

模型を作ろうに戻る

inserted by FC2 system