作品No.8 チーフ・テン (タミヤ 1/35)

制作年月 1999.10月 制作期間 1ヶ月

ギャラリー

真横 右斜め後ろ 左斜め後ろ 砲塔真上


購入動機

息子がどうしても戦車が欲しい、ということで購入。いかにも戦車らしい面構えでしょ?同僚A氏に色々吹きこまれて、戦車は尻込みしてたんですが、息子の「戦車戦車」との圧力に負けました。

製作記録

初めての戦車です。近所の模型屋さんで、「Armour Modelling」誌の古本を一冊100円で安売りしてたんで、3冊買ってきて、戦車の作り方を研究しました。

「ドライブラシ」「ウオッシング」「スミイレ」「エッチングパーツ」などなど、初めての概念に戸惑うばかり。AFVって大変そうと思ってましたが、こんなに大変とは・・・

しかし、負けてはいられない。まず車体を組み立てます。古い模型ですが、組み立て自体はそれほど難しくありませんでした。苦労した所は、砲塔の手すりが細くて、おまけに少し反っていたので、なかなかくっ付かなかった所でしょうか。苦労して瞬間接着剤でくっつけました。その後、車体と砲塔と、別々に基本塗装。ラッカー系(グンゼMrカラー)のフラットブラックで全体を軽く吹きつけた後、同じくMrカラーのダークグリーンで基本塗装しました。その後、Mrカラーのダークグリーンとブラックグリーンを1:1で混ぜて、迷彩を塗装しました。ダークグリーンがかなり濃い緑だったんで、ブラックグリーンも濃い目にしないとコントラストが出ず、結局、ブラックグリーンって、黒にしか見えなくなりました(涙)

その後、アクリルのブラウンで錆、ダークシーグレイで塗装のハゲた所を面相筆で書きこみ、薄めたエナメルのフラットブラックでウオッシングしました。その後、更にダークシーグレイとブラウンで車体下部中心に泥汚れを書き込みました。

その後デカールをはったら、つや消しの車体との光沢差が目立つので、アクリルのトップコートつや消しを吹きかけたら・・・ダークシーグレイが流れてしまい、全体にグレーっぽくなっちゃいました(涙)←砲塔写真参照。トップコート、厚塗りしすぎたのかなあ。でも、古ぼけた感じになって、結果的には良かったかも、と自分を慰めてます。

キャタピラは、ダークシーグレイ+フラットブラックをエアブラシ後、ブラウンで設置面をブラウンで筆塗りしました。それから、ダークシーグレイでドライブラシ、さらにデザートイエローで汚しを入れた後、取りつけました。

車体後部の排気管、一部まだ塗装してません。この間、パステルを買ってきたので、錆やスス汚れをパステルでやって見たいと思ってます。

感想

いやー、初めての技法ばかりで戸惑いましたが、なんとか完成にこぎつける事が出来ました。ウエザリングは、難しいですが、結構カッコ良くなりますね。多少は模型臭さが抜けて、戦車の重量感が出たかなあ。

戦車、面白いです!!奥が深いです!!しばらくAFVにハマリそうです。はい。

 

模型を作ろうに戻る

inserted by FC2 system